お店紹介

 日本で唯一、「橋の上にあるマーケット」、それがここ岩手県釜石市の橋上市場だった。2003年1月5日、45年の歴史に幕を降ろし、今では姿を消し新しい橋が架かっている。
 はじまりは、戦後に市内中心部を流れる甲子川沿いに並んだ露店による朝市なのだそう。
 その後、橋上市場は甲子川に架かる大渡橋に並行する形で1958年に完成。全長110m、全幅12mの場内には鮮魚、野菜からお土産品、日用雑貨、食堂など約50店舗が営業をしていた。ここは釜石の戦後復興の象徴、市民の台所、そして観光名所として栄えていた。
 
 当店永野商店のルーツも探るとここから始まっております。法改正により、橋の上に店舗があるということで橋上市場の存続問題が出てきた平成10年頃に自ら撤退をして、産地直送販売に販売形態を変えて販売しております。

 

 当店自慢の干物は、原料の品質・鮮度にこだわり、不要な添加物を一切使わずにお魚本来の美味しさを引き出すように、甘塩に味付けをして、寒風干しでソフトに仕上げております。
 小さなお店で、大手のように大量生産はできない体制ですが、手づくり・丹精込めた商品を作っております。どうぞ何かの機会にご利用くださいませ。

 

 商品はもちろん、当店のホームページもすべて手づくりとなっておりますので、至らない点がございます事をあらかじめご了承くださいませm(__)m  


三代目

二代目店主永野修太郎から、世界に2ヶ所しかないと言われていた橋上市場(きょうじょういちば)内の店舗を受け継ぎ頑張っておりましたが、橋の上に店舗があるということで市場の存続問題が出てきた平成10年頃に自ら撤退をして、産地直送販売に販売形態を変えて販売しております。四季折々獲れる美味しい食材・またそれを活かした商品をを皆様にお届けしていきたいと考えております。

 

大震災を契機に、釜石にUターン、両親の営んでいる永野商店を継ぐことを決意しました。私は主にホームページ、物産展等をを中心にお客様と接する機会を作っていきたいと考えております。まだまだ経験が浅く右も左もわからない状態ですが、私の父であり三代目の背中を見つつ日々勉強し多くのことを学んでいきたいと思います。